三井住友VISAカード
VISAカードといえば三井住友VISAカードが思い浮かぶ人が多いんじゃないでしょうか。それもそのはず、三井住友VISAカードって日本で最初に発行された最も実績のあるVISAカードなんですよね♪


スポンサーリンク



クレジットカードは発行会社によって銀行系・流通系・交通系や消費者金融系などがありますが、やっぱり信頼できる銀行系のクレジットカードがいいなという人も多いと思います。多くのクレジットカード比較サイトで上位にランキングして、特に銀行系カードの中では一番人気!三井住友VISAカードを紹介します。

 

 

銀行系カードの大定番!三井住友VISAカードクラシック

三井住友VISAカードのスタンダードカードはクラシックです。高校生を除く18歳以上の人が入会できます。年会費は初年度無料です。2年目以降は1,250円(税抜き)となりますが条件により無料になります。そして海外旅行傷害保険(最高2,000万円)が付帯します。
ただし、旅費などを当該カードで事前に支払う必要があります。

三井住友VISAカードは種類が豊富ですね。旅行傷害保険が充実のクラシックカードA、女性向けのアミティエ、そしてゴールド。

初めての1枚に最適なのは、18〜25歳限定のデビュープラスカード。クラシックカードよりポイントが貯まりやすいのがうれしいですね。「やっぱり、持ってた方がいいですか?」と問いかける女子大生に、俳優の斎藤工さんが「走り出す君を助けてくれるかもね」と答えるCMが若者を後押しする内容で温かいですね。

 

カードのお申込みはこちらから

 

USJや百貨店、そして海外でもお得で便利♪

三井住友VISAカードはUSJのオフィシャルカード、だからUSJがとってもお得に利用できます。三井住友カード会員なら1日中USJを楽しめるスタジオ・パスを割引価格で購入できます。大人も子供も割引価格になるので、USJ好きのファミリーには朗報です。

さらに三井住友VISAカードならネットショッピングはもちろん、実店舗でのショッピングもポイントアップしてお得です。東急や大丸・松坂屋などの百貨店や三井アウトレットパークなど一流の店舗がラインアップしているのがうれしいですね。

また海外旅行や出張の時に便利なのがVJデスク。観光情報の提供をはじめとしてレストランや各種チケットの予約、カード・パスポート紛失・盗難時のサポートなどをしてくれます。世界主要都市のVJデスクに電話で連絡できます。ただし所在地や電話番号などが変更になる場合があるので出発前にVJデスク東京で確認したほうが安心です。


スポンサーリンク


インターネットサービスVpassが便利!

三井住友VISAカードは支払い日によって締め日が異なります。支払い日が10日の場合は前月15日が締め日、支払い日が26日の場合は前月末日が締め日です。

インターネットサービスVpassを利用すると利用明細やカード情報の照会・各種申し込みができます。もちろんポイントの交換も。キャッシング利用枠の設定・増枠はインターネットから申し込みできます。ただし、借入総額が100万円を超える人や個人事業者は年収証明書類を提出する必要があります。それ以外の人は年収額を申告をします。

ちなみに退会する場合はカード名義本人が電話受付の「FOR YOU デスク」まで連絡する必要があります。カードの種類によっては自動音声電話での対応となります。

 

公式ホームページはこちら


スポンサーリンク

※当サイトに記載のあるキャンペーン情報や数値データ等の情報は下記に明示している記事公開日または最終更新日時点のものとなります。最新の情報に関しては必ず公式サイトをご確認のほどお願い致します。

記事公開日:2018/03/13